姫路市網干区で腰痛、肩こり、坐骨神経痛、
整体、鍼灸は、つぼき鍼灸整骨院

つぼき鍼灸整骨院


ブログ

膝の半月板損傷って自然治癒しない…じゃあ、どんなリハビリしたらいい?

2022年04月08日

膝の半月板損傷

兵庫県姫路市でつぼき鍼灸整骨院を開業しております、

 

坪木心吾です。

 

本日は202248日、姫路市では中学の入学式のようです。

 

暖かくなって、スポーツが外出などを行い、

 

活動的になられている方が多いと見受けます。

 

 

当院に来院されている、膝の痛みを訴えられている患者さまで、

 

 

・「整形外科で膝の半月板損傷と診断された」

 

 

・「ふとした拍子で膝の関節がポキっと鳴り、激痛が走った」

 

 

・「趣味のテニスをしていて、ボールに追いつこうと足を踏ん張った時に

 

 膝の外側が痛くなった」

 

という声を聞くことが多くなっています。

 

さて、今回は膝の不調 主に半月板損傷ついてのブログです。

 

膝の半月板損傷ってなに?

 

膝の関節の中についている、衝撃を和らげる装置です。

 

外側と内側に1つずつついています。

 

自動車でいうと、サスペンションに当たります。

 

 

膝を負傷して当院に来院された患者さまに半月板損傷をみる検査を行うと、

 

陽性反応が出る方がいらっしゃいました。

 

自然治癒するの?手術したほうがいい?

 

とても残念なことですが、半月板を損傷すると、

 

血の流れがない場所ですので、自然治癒することができません。

 

手術に関しては、ケースバイケースです。

 

 

若いトップアスリートでは、手術するケースがあるようですが、

 

 

当院に来院された、60代、70代の方の場合は

 

 

普段の日常生活の動作を見直すことで、症状を改善することが

 

 

出来ました。

 

半月板損傷のリハビリ 効果があった秘策とは!?

当院に来院されている方に実際、アドバイスしている方法、

 

効果が認められた方法についてお伝えします。

 

  1. 膝を廻す動作を辞めた

膝の関節は、回旋力(ねじる動き)にとても弱いです。

 

例えば、キッチンで家事をしていて、ふと後ろにあるものを取ろうと

 

振り返った時、膝に激痛を走ったとおっしゃる方がいました。

 

ねじる動作を辞めて身体全体を使って振り返るように意識することで

 

激痛をなるべく起こさないようにすることができました。

 

  1. 体重を減らす

 

体重増加は膝の負担になります。23キロ減らすだけでも

 

 

症状を和らげることができます。

3.太ももの筋肉を鍛える

 

当院に来院された方の場合は、太ももの前側の筋肉を鍛える簡単な

 

エクササイズをして、再発しないよう努めています。

 

 

加齢とともに、関節は変形して筋力は弱くなっていきます。

 

 

椅子に座って足首を上げるなどの、簡単なエクササイズで、

 

 

太ももの筋肉を鍛えることで、膝の負担を減らすことができます。

 

 

 

今回は、膝の不調 主に半月板損傷についてのブログを書かせて頂きました。

 

しかし、これらのことを取り組んでみても

 

一向に良くならない なかなか改善しない

 

といった場合は他に原因があるかも知れません。

 

そのような時は一度、当院にお気軽にご相談頂ければと思います。

 

治療費6,500円

初診料2,200円

兵庫県姫路市網干区坂出160-3

電話079-255-8952

監修:坪木心吾(鍼灸師 柔道整復師)

 

 

 

Copyright © つぼき鍼灸整骨院. All rights reserved.